イラレで月と雲

illustratorで雲を描いてみる

イラストチックですが、使い道は多いとおもいます。

 

イラレで雲を描く

 

①まずイラストレーターの円型ツールで、大小さまざまな大きさの円を描きます。

円を描く

 

②それを、「ALT」+ドラッグでコピーしながら、雲のように重ねていきます。

イラスト雲の書き方2

 

③全てをドラッグで選択し、パスファインダーパレットから、「形状エリアに追加」=合体を選択します。これで1つの図形となります。

雲の描き方3

 

④それを「ALT」+ドラッグで、少し下側に重なるようにコピーします。

雲の書き方4

 

⑤ドラッグで2つの図形を選択し、パスファインダーパレットから、「分割」を選択します。

雲の書き方5

 

⑥図形が3つに分割されてますので、一番したの図形(斜線)を、ダイレクトツールで選択して削除します。あとは、上の図形の塗りを白、下の図形をグレーにしてあげれば完成です。

雲の書き方6

パスが使えなくてもイラストレーターで雲を描くことはできます。
ツールの使い方がわかれば、アレンジや工夫も簡単にできます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です